入学手続き

入学手続き
オンラインで入学手続きを行うことができます。こちらをクリックして書式を埋めてください。
支払い 
 以下の方法での支払いを受け付けます:
    現金
    小切手
    クレジットカード: American Express (MasterカードとVisaカードは当事務局内のみ)
    トラベラーズチェック
 * 銀行への支払い費用は生徒負担となります。
就学ビザ
日本国籍所有者が留学目的でイタリア入国する場合、事前に就学ビザの申請・取得が必要です。
ビザの申請先は、在東京イタリア大使館もしくは在大阪イタリア総領事館です。
住民登録している都道府県によって申請先が異なり、本人が直接申請を行います。
申請用紙は大使館または総領事館か、ホームページで入手できます。
連絡をすればFAXまたは郵送で送付してもらうこともできます。
ビザ申請の必要書類および情報は予告なく変更・追加されることがあります。
申請前に在日イタリア大使館または同総領事館にご確認ください。 
在東京イタリア大使館http://www.ambtokyo.esteri.it/
〒108-0073 東京都港区三田2-5-4
Tel: 03-3453-5291  Fax: 03-3456-2319
 ※在東京イタリア大使館管轄区域:北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、新潟県、福島県、栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県
在大阪イタリア総領事館http://www.consosaka.esteri.it/
〒530-0005 大阪市北区中ノ島3-2-4 朝日新聞ビル11階
Tel: 06-4706-5820  Fax: 06-6201-0590
※在大阪イタリア領事館管轄区域:
愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、石川県、福井県、富山県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、徳島県、香川県、福岡県、長崎県、宮崎県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県
ビザ申請に必要な書類(在日イタリア大使館ホームページより)
1)パスポートサイズの写真(近影・カラー)を貼付したビザの申請書(ビサ申請書Dタイプ※)
2)パスポート(帰国予定日より数えて90日以上の有効期間が必要)とそのコピー
3)住民票
4)イタリアに滞在する全期間を通じて医療費を完全にカバーする(医療費の項目が無制限の)海外傷害保険の契約書
5)留学の資金が入っている本人名義の預貯金口座の通帳とそのコピー(留学資金の提供者が親の場合、親の通帳、所定の保証書※、実印印鑑登録証明を提出してください)
6)住居に関するいずれかの証明書(賃貸契約書、または、家主からの受入れ承諾書(承諾書※)、または、受け入れ先学校の住居提供証明書)
(注意:二回目以降の就学ビザ申請の場合は過去に取得したビザで通った学校の修了書・出席証明書の原本)
7)入学許可書の原本(滞在期間、受講授業時間数(週20時間以上)、受講料が支払い済みであることを明記)
8)教育監督局の認可を受けていることを証明する書類、または学校の経営母体である会社の商工会議所の直近の登記簿謄本
※については大使館ホームページから入手できます。
・申請は本人が行う必要があり、郵送や代理人での提出はできません。
・揃えた必要書類はよく確認してください。書類が不足する場合は受け付けてもらえませんので、遠方から申請に行かれる方は特にご注意下さい。
・18歳未満の方は、保護者同伴で申請します。詳しくはイタリア大使館または総領事館にお問い合わせ下さい。
・ビザ発給には2週間から1ヵ月ほどかかります。なるべく時間にゆとりを持って申請手続きを行ってください。
・ビザの受取は直接イタリア大使館または総領事館へ赴きます。受取に行けない場合は、郵送してもらうことも出来ます。郵送を希望の場合は事前に方法を確認し、申請の際に窓口でその旨を伝えて指示に従ってください。
・イタリア入国後8日以内に滞在許可証を申請する必要があります。日本でビザ取得の際に提出した全ての本書類はイタリアまで持参して下さい。滞在許可証の申請の最初の手続きは郵便局を通して行います。手続きの詳細は、学校までお尋ねください。
・入学許可証等のオリジナルには大使館、または領事館の判が捺印され返却されます。この判がないとイタリアで滞在許可証を申請する際に許可されませんので、書類を返却された際には必ず確認しておいて下さい。
ビザ取得に関する主な流れ
1. 留学生が語学学校へ入学申込みをする
2. 留学生が料金の支払いをする
3. 語学学校は送金完了を確認後、ビザ申請に必要な以下の書類を作成し留学生へ送付する
 ・ 期間と授業時間数(週20時間以上)および授業料支払済を明記した入学許可書の原本
 ・ イタリア政府の公認校であることを証明する書類
4. 留学生はビザ申請に必要な書類(語学学校から送付される書類を含む)を全て揃える
5. 留学生は在日イタリア領事館または総領事館へビザを申請する
6. イタリア大使館または総領事館でビザが発給され、留学生が取得する
7. 留学生がイタリアに入国する
8. 留学生はイタリア到着後8日以内に、滞在許可証を申請する
キャンセル
コースの登録をキャンセルする場合は、学校事務局へファックスでの通知が必要となります。
 コース開始日より20日以上前にキャンセルされた場合、授業料の20%をお支払いいただきます。
 コース開始日より10~19日前にキャンセルされた場合、授業料の30%をお支払いいただきます。
 コース開始日までの日数が残り9日以下の間にキャンセルされた場合、いかなる返金も致しません。
コース開始が遅れたり、コースを終了しないことを決めた生徒に対していかなる返金も予測されません。
 支払われた授業料はほかの生徒に充当することはできません。
 憂慮すべき理由によりコースの中断を余儀なくされた場合、その間の授業料の据え置きができます。
 4週間以上前の事前申告で事務局の同意を得れば、生徒はコースを短期間中断することができます。
コースについて
 グループコースにおいて最低人数に達しない場合は、コースが延期されたりキャンセルされる場合があります。
 コースがキャンセルされる場合は、代替のコースを提案します。



Utilizziamo cookie tecnici per garantire un migliore uso del sito e per fini statistici.Ok Cosa sono i Cookie?. Chiudi